バッテリーが上がったとき

ライトを消し忘れてエンジンを切り、そのまま気がつかずに時間が経過してしまった。

バッテリーの力が弱まっていた。

そのような原因で、バッテリーを上がらせてしまうと、AT車では自力で車を始動させることは出来ません。

他の車から電気をもらって、エンジンの始動を行います。

ケーブルにつないで、エンジンを掛けている光景を見たことがあるでしょう。

この始動の仕方が「ジャンピングスタート」

使われるケーブルを「ブースターケーブル」といいます。

赤と黒の2本でワンセットです。

このブースターケーブルは自分のバッテリー上がりにも当然役立ちますが、人が上げてしまっているときに助けた上げることも出来ます。

いつも常備していくと、大変便利です。

ただし破損や劣化があると大変危険ですので、異常を見つけたら使えません。

レクサスRX値引き額

ジャンピングスタートの方法

ジャンピングスタートを行うときには、ます正常に動いている「助けてくれる側の車」のボンネットを開け、隣に並ぶもしくは対面します。

この「助けてくれる車」はトラックではいけません。

24Vであることが多く、高圧になってしまいます。

同じく乗用車で、エンジンを止めてブースターケーブルを繋ぎます。

1) バッテリーが上がった方の車のプラスを助けてくれる車のプラスへ繋ぎます。

2) バッテリーが上がった方の車のマイナスを助けてくれる車のマイナスへ繋ぎます。

両方この時にちゃんと金属部分をクリップで挟むように注意しましょう。

またこの2本が接触しないことにも注意しましょう。

3) 確実な状態でつながったことを確かめたら、助けてくれる側の車のエンジンを掛け、アクセルを踏んで

回転数を高めに保ちます。

4) バッテリーが上がった車のエンジンを掛けます。

5) エンジンがかかったら、つないだ順番とは反対の順番で取り外します。

これで走行出来るようになります。

エンジンを止めるとまた動かなくなる可能性があるので、早めにディーラーやお店に行って、点検を行いましょう。

バッテリーの寿命や破損の場合はまた上がる可能性がありますし、発電機の不具合であれば走行している途中で止まってしまうことも考えられます。

点検を行っておけば、大変安心です。