エンストの原因は?

車が走っている状態でエンストするときの原因は、症状によって予想をつけることができます。

エンジンがストールすることをエンストと呼びます。

・ 電気系統の不具合によるエンスト。

・ 燃料系統の不具合によるエンスト。

・ 燃料ポンプの不具合によるエンスト。

・ 燃料センサー系統の不具合によるエンスト。

・ バキュームセンサーなどの制御系統の不具合によるエンスト。

・ ホースなどからエアが漏れている不具合でのエンスト。

主な原因は、上記のようなものです。

具体的に、どのような症状が出るのかは、大体この原因で決まっています。

レクサスRX.biz

エンストの原因別の症状

走行中に「ストン」といった感じでエンストすれば、電気系統のトラブルによって起こったエンストと考えられます。

点火プラグが上手く発火していなかったといった可能性が高いでしょう。

エンジンの動作が違和感を感じるような滑らかではない感覚を覚えたあとに徐々に止まっていく雰囲気であれば燃料系統のトラブル。

燃料ポンプの故障や、フィルターや燃料ホースのつまりなどのトラブルの可能性が高いものです。

ガス欠を何度も車に経験させてしまうと、燃料ポンプが空回りさせることになってしまいます。

そうなると燃料の内部が破損する危険性が高くなります。

再度エンジンを掛ければまたしばらくは走行し、エンストしても時間を置くとまた走るといった事であればこの箇所の不具合が疑われます。

加速のためにアクセルを踏むとエンストするといった症状は、燃料噴射量を司る制御系統のトラブルかもしれません。

アクセルを離したときにエンストが起こるときには、スロットルバルブを制御しているバキュームセンサーの可能性が高まります。

エンジンルームから空気を吸い込むような「シューシュー」といった異音を伴いながらエンストする場合は、エア漏れが考えられます。

部品の劣化によるエア漏れの可能性が高いので、アクセルを踏み込むとエンストするような症状が出ます。

以上が考えられるエンストの症状と原因です。

エンストが頻繁になっている時点で、必ず点検に出さねばなりません。

急なエンストは後続車の安全も確保できなくなりますから、大変危険なこととなってしまいます。