エンジンのパワーダウンの原因は?

快調に走っていた愛車のエンジンの具合が、なんとなく悪くなったというか、力が落ちてしまったなと感じる時があります。

何が悪いというわけではなくても、ちょっと元気が無いといった感じでしょうか。

そのような感覚を覚えるときには、下記のような症状があります。

・ ある時期からパワー不足を感じて、その状態が続いている。

・ 給油をした直後にパワーが落ちたと感じる。

・ 水温計が上がるとパワーが落ちたと感じる。

上記の症状にはそれぞれ考えられる原因があります。

ある時期からパワー不足を感じて、その状態が続いている場合には、エアクリーナーのつまりや点火系統の不具合、燃料系統の不具合などです。

給油をした直後にパワーが落ちたと感じる場合には、燃料の入れ間違え。

水温計が上がるとパワーが落ちたと感じる場合は、オーバーヒートです。

スイフトスポーツ.name

パワーダウンの原因

新車で購入したときよりもジワジワとパワーが落ちているのか、それとも急に落ちたのか、それによって大まかに理由が変わります。

このジワジワとパワーが落ちてると感じる時に、エアクリーナーのつまりのトラブルを疑います。

エアクリーナーが汚れなどで詰まってしまうと、エンジンの回転に必要な空気を送り込むことができません。

加速をしても、満足が感じられないようなパワーしか出なくなっているのです。

この他には燃料系統の点火による不具合や、センサー類の不具合が考えられます。

また給油をした直後にパワーが落ちたように感じる時は、ガソリンの種類を確かめてみましょう。

ハイオク使用のガソリン車にレギュラーガソリンを入れると、パワーの低下や燃費の悪さを感じることがあります。

ガソリンエンジンの車に軽油を入れてしまったときには、パワーの低下ももちろんですが、黒鉛を吐くなどの症状も出ます。

異臭を放つこともありますので、必ず確かめましょう。

そのまま走行すれば、ガソリン車に軽油を入れた場合はエンジンの回転数が継続しきれずに、エンストを起こすようになります。

また反対にディーゼル車にガソリンを入れた場合は、初めはエンジンがかかりますが白煙を出してパワーダウンしてきます。

水温計が高温をさしてパワーが急降下するときは、オーバーヒートが起こる直前だと考えられます。

そのまま走りつづけるとエンジンが焼きつく可能性もあります。