タイミングベルトのトラブルは?

エンジンのクランクシャフトの回転が、バルブシステムのカムシャフトに伝わりますが、タイミングベルトが伝える役目をしています。

このベルトが伝える回転が吸排気のタイミングを司るため、タイミングベルトといわれているのです。

走行距離が8万キロや10万キロとなったときに、交換するべきものとされています。

通常のトラブルは、なにかしら「お知らせ」があるものですが、このタイミングベルトにはお知らせがないのが厄介です。

いきなり切れてしまい、その時には被害も大きいので、走行距離で早めに変えるように心がけているのです。

「いきなり切れると被害が大きい」とは言うものの、具体的にはどういったトラブルを招くのでしょう。

FJクルーザー.net

タイミングベルトが切れると

ロータリーエンジンを除いたエンジンは、ピストン運動によって力が生まれています。

しかしその力のままでは車が走るという力には使えませんから、そのピストン運動を回転する力に変える必要があります。

このピストン運動を回転運動に変えるのがクランク機構であり、その中にクランクシャフトという回転軸があります。

これがエンジンの出力回転軸となるのです。

このクランクシャフトとカムシャフトを連動させるのがタイミングベルトです。

車が走っている最中にこのタイミングベルトが切れると、吸気バルブが開閉することができなくなります。

そうなるとエンジンは泊りますから、最悪、バルブの動くタイミングが狂ってしまい、シリンダーの中のピストンとバルブが干渉してしまうこともあります。

こうなるとエンジンは大変なダメージをうけますから、再起不能も可能性としてはあるということになります。

タイミングベルトの素材は、いまは概ね特殊な繊維が入ったゴム素材です。

オーバーヒートやエンジンオイルなどの影響で、劣化していることがある部品です。

エンジンオイルが悪いと、特に負担がかかります。

タイミングベルトの劣化の状態は、エンジンオイルを適正な製品で適正に交換することでかなり違うということです。

また冷却液の管理も重要でしょう。

ベルトが水に濡れてしまうことも劣化を早めます。

車検などでタイミングベルトの交換を勧められたときには、換えどきと考えたほうがいいと思われます。