音からの情報は?

大音量で音楽を聞いたりイヤホンやヘッドホンを使って音楽を聴く行為は、車の走行中、安全のために必要な耳からの情報が得られないことになります。

カーステレオもこの範疇ですよね。

常識の範囲内で行わなければ、音楽やラジオも違反の対象になります。

数値が記載されているわけではありませんので、目安はクラクションや緊急自動車のサイレン、警察官からの指示といった音が聞こえない状態をというものです。

片耳のイヤホンや両耳でも密閉性が少なく外の音が聞こえるならば、違反ではないとされています。

しかしこの耳からの情報は、車の異常なども得る手段となりますので、充分に音量には気をつけましょう。

車の発する異音を耳から得る情報として得るわけですが、具体的にはどのようなものでしょう。

carview

車の異音とその原因

車の不具合やトラブルは、「お知らせ」があります。

特に以下のトラブルに直結していることがい多いと考えられます。

・ エンジンのトラブル。

エンジンという動力源から異音を感じれば、申告なとタブルも考えられます。

金属やゴム、樹脂などの素材による部品が多く、摩擦や接触、滑るような音、エンジンの回転と同期するような異音などさまざまあります。

・ 排気系統のトラブル。

かなり大きな場合は、マフラーの破損や破けていることが考えられます。

不完全燃焼などによる異音もあります。

・ トランスミッションやギアなどの動力伝達装置のトラブル。

シャフトやギア、クラッチ、デフといった動力の伝達が主な仕事となる箇所のとタブルが考えられ、低温の異音を走っている間、ずっと感じるような響き方をします。

速度が速ければ速いほど感じるという傾向があります。

・ 足回りのトラブル。

路面の高低に同調して異音が発せられる場合はサスペンション。

ブレーキを踏んだ時に音が出るならば、ブレーキ周辺かブレーキパッドの消耗。

タイヤの劣化や異常も考えられます。

空気圧が低すぎるときには、ゴムがグニっと擦れるような音が出ます。

これらの音が聞き取れないと、深刻な故障に気がつかないということもあるのです。

EVやHVなどでも異常を感じる音は発せられます。

大音量が自分の危険に気がつかないなども招くので、音の調整は必要です。