出力とトルクは?

車を買おうとしてカタログや雑誌などを見ると、「最高出力」と「最大トルク」というものを見ると思います。

この最高出力の単位はPS。

最大トルクはkgf.mが使われています。

これらが示すモノがわかれば、車の性能の差がわかってきます。

まず最大出力はエンジンから発生される最高の出力のことです。

馬力という単位が使われることもあります。

また最大トルクはエンジンから発生される最大の回転力を表します。

最大出力が速さを表し、最大トルクは車が持っている加速力。

この違いと関係を、もう少し理解してみましょう。

新型クラウン値引き率

最高出力と最大トルクの関係

この2つは「短距離選手」と「お相撲さん」に例えられることが多いものです。

短距離走の選手であれば、早く走ることが求められますよね。

重いものを持つ力で勝負しているわけではありません。

お相撲さんはどれだけ「自分より重たい敵を投げることができるか」といった底力といったものを要求されます。

素早く動くことができなくても、試合で相手を押さえつけることができます。

この違いが「出力」と「トルク」の違いです。

最高出力が車がどれだけ早く走れるのかを表していますし、最大トルクは加速力であり「重量が大きな車が完全に停止した状態から加速状態となるときの力の大きさ」のことです。

これはガソリン車かディーゼル車かでも違ってきます。

ガソリンエンジンは低回転域からスムーズな曲線で出力とトルクが上昇してゆきますが、ディーゼル車は低回転域ですでに出力とトルクが上がっています。

最大トルクが生まれる回転数も、一般的にはエンジン車の半分の回転数でディーゼル車は最大トルクに到達します。

ディーゼルエンジンが加速がスゴイ!といわれますが、これはこの最大トルクを達成するまでの回転数の速さに関係しているのです。

ターボエンジンがエンジンの排気量を越える仕事を行えるのは、シリンダー内にターボチャージャーという圧縮した空気を送る過給によるものです。

ターボエンジンの調整はターボチャージャーのブレードの羽の向き、また口径で行います。

乗りやすさを追求するためには、低回転域でトルクの値が大きくなるような調整が望まれるため、乗用車のターボはそのように調整されています。

近頃では出力とトルクの単位の表示が変わり、国際単位系SIによるKWとN.m が使われることになりました。

換算は「1ps=0.7355kw」「1 kg.m=9.80665N.m」となります。