燃費の標示は?

近頃では車選びの上で重要なものとなっているのは「燃費」のようですね。

エコカーに関心が集まるようになってから、この燃費の違いは大変大きな問題です。

カタログに書かれてある燃費性能が、公道で走るそれと違うということはわかりますが、ある程度の比較ができるので大変便利です。

イメージを上手く抱くこともできますね。

以前はこの燃費を表すのに、10・15モードというモノが使われていましたが、今はJC08モード燃費が使われています。

2011年4月以降の型式指定を受ける車は、燃費表示にJC08モード燃費で書かれています。

それ以前から販売されている車に関しては、2013年にJC08モード燃費に変わっていくということです。

廃車買い取り

JC08モード燃費と10・15モードの違い

車の燃費は実際に乗っていれば気象も関わってきますし、発進の仕方や、エアコンの使用などによっても変わってくることでしょう。

車種ごとの燃費を比較するには同条件での測定した結果が必要です。

国土交通省は1991年、10・15モードという測定方法に定めました。

策定の当時、ユーザー自動車使用の環境にマッチした走行パターンで作り上げた測定方法でした。

しかし時代の流れもあり、実燃費に近づけるためには、改正が必要であるということになり、改めてJC08モード燃費が作り出され、使われることとなりました。

JC08モード燃費がより実燃費に近いものとして比較の対象となるように、細かい速度変化やエンジンの状態などを定めて測定します。

ですからJC08モード燃費は10・15モードよりも、若干1割ほど低くなりますが、それが実燃費に近づいたということの現れとも言えます。

雑誌などではJC08モード燃費が使われることが多くなっています。

燃費数値になぜここまで国土交通省が関わるかというと、型式指定審査などがこの燃費数値をもとに行われるからです。

自分自身で燃費のおおよそを知るときには、満タン法を遣いますね。

満タンにいあれて燃料が減って、また満タンに戻したときの燃料の入る具合で燃費を測ります。

走行距離を燃料の給油量で割って出た数字が、自分の燃費です。

最近の車では、エコ運転標示や燃費をはかる機能が付いていることも多く、このJC80 モード燃費に近づけるのを楽しんでいるドライバーも多いようですね。