MT,AT,CVTの違いは?

車が走るためには、エンジンが必要ですが、これだけでは走れません。

エンジンの回転を走行条件によって最適にすることが必要であり、変速装置であるトランスミッションがその役目を担います。

このトランスミッションがあって初めて車は動くのです。

今日本で最も多く使用されているのがオートマチックトランスミッション、いあゆるAT車で、自動的に適切なギアを選んでチェンジします。

クラッチがないことから運転もらくちん。

運転に慣れていないドライバーであっても、安心して運転ができます。

街中での停まる、走る、といった基本動作は大変疲れるものですが、AT車であればかなりストレスが軽減されます。

エコカーブームで環境性能の高いAT車が開発されましたので、燃費もかなり向上しています。

マニュアルトランスミッション、MT車よりも高性能だと言われる車も登場しました。

MT車は運転者によってかなり燃費は変わりますし、運転方法でも変動します。

そのため安定しているAT車の方が燃費は望める傾向にあります。

フォレスター.jp.net

CVTとは?

AT車と同じく、ストレスフリーのらくちん運転。

これを2つの和で構成されたブーリーを金属のベルトでツナギ、ブーリーの径を変えることで変速するというのがCVTです。

無段変速機と言われるもので、マネ羅カナ走りはギアがない事から生まれています。

省燃費性能には、動力の伝達効率の高さが貢献しています。

CVTはますます搭載車が増える傾向にあります。

MT車は割合として全体の1割を切っているようです。

ギアチェンジを手動で行うことから、アクセルとブレーキに加えクラッチがあります。

運転が少々難しいと敬遠する人も多く、免許証の特性上運転できないドライバーもいます。

車とドライバーの一体感は、このMTで感じられるというファンも多いのではないでしょうか。

欧州ではMTがまだまだ選択されています。

メリハリある運転が好まれてる為だといわれています。

そのメリハリを追求したのがDTC。

MTの構造でATと同じ操作で運転できるAMTがありますが、DTCはその方向で更に進化したものです。

2つのクラッチを持ったAMTで、この2つのシフトチェンジでメリハリあるシフト操作が可能です。

スポーツタイプの車だけでなく、コンパクトカーなどにも使われています。