FF,FR,MR,RR,4WDの違いは?

車にはFF、FR、MR、RR、4WDがあります。

これはエンジンの位置と駆動形式で分類された5種類です。

・ FFはフロントエンジン前輪駆動。

・ FRはフロントエンジン後輪駆動。

・ MRはミッドシップ後輪駆動。

・ RRはリアエンジン後輪駆動。

・ 4WDは4輪駆動。エンジンはどこにおいても大丈夫で、レイアウトが自由ということ。

このように表すことができます。

それぞれには特徴がありメリットとデメリットがありますし、ドライバーの好みも分かれるところです。

新型アコード値引き額

それぞれの特徴

・ FF

現在は主流となっている形式です。

エンジンも駆動輪も前ですので、部品の数が少なくすることが可能で、コストダウンと軽量化に貢献します。

操舵と駆動を前輪のみに負担させていることから、前輪のタイヤロスは極端に大きくなります。

タイヤのローテーションを上手く行うことが、タイヤの寿命を長くするでしょう。

FF車はエンジンもドライブレーンも全て前にあることから大変重量のバランスは悪く、駆動力を負荷しすると時にハンドルが大暴れするという欠点があります。

アンダーステア傾向も大きく、コーナリングは不安定です。

かなり技術的には進歩したので普段は解消されたかに思えますが、やはりふとした時に「やっぱりFF 」と感じてしまうドライバーも多いことでしょう。

・ FR車は前輪の操回、後輪は駆動と役割が確立されているので、大変一体感のあるハンドリングを感じさ

せます。

車のバランスもよく、部品数が多いという欠点がコストダウンには不向きで、現在ではその車種も減っています。

しかし一部の高級車はFRを採用しています。

・ MR

ミッドシップエンジン・リアドライブでMRです。

エンジンが前後のタイヤの中央に位置し、前後のバランスが絶妙に素晴らしいのですが、居住性はそのエンジンの位置のために狭くなっています。

またノイズも大きくなりがちです。

しかしだ勢力が少なく方向転換もしやすいことから、スポーツカーやレーシングカーに用いられることが多い形式です。

・RR

リアエンジン・リアドライブでRRとなっています。

エンジンが後方にあり、駆動も後輪。

カーブでの遠心力が大きく掛かり、オーバーステア気味です。

エンジンスペースは後方ですから、トランクが前方にあります。

・ 4WD

4輪駆動ですから、その駆動力を地面に伝える力は抜群です。

部品が多くなってしまいますので、重量は増加しますし、燃費の良さも余り望めません。

加速はかなりいいのですが、コーナリングがアンダーステアに寄ってしまいます。